銀美堂

お問い合わせ

聞きたい音をもう一度!補聴器のことなら何でもご相談ください。

補聴器について

最新のデジタル技術によるすぐれた性能。

補聴器をつける人

補聴器をもっと自由に私らしく、補聴器をつけて、心豊かな人生を

こちらのページでは、デジタル補聴器の種類(形)をご紹介してまいります。

耳あな型 CIC

耳あな型 CIC

CICは「Completely In the Canal(完全に耳穴に入る)」の略。

極小サイズですので、耳あなの大きさや形にもよりますが、耳あなの中にしっかりとおさまります。

できるだけ目立たない補聴器を探している軽度から中度難聴の方におすすめです。

聞こえがより自然になり、風切り音や装用時の違和感も軽減することができます。

ぜひ、クリアで自然な音を聞いてください。

耳あな型 カナル

耳あな型 カナル

種類も豊富で適応範囲の広いタイプ。

耳穴型では一番オーソドックなタイプです。

CICより操作しやすいのが特徴です。

耳せんのように小さく、耳あなの外側に装着するので、あまり目立たず、安定感もあります。

耳あなの形状に合わせて作成するので、補聴器をつけて絶えず活動しているような方々におすすめです。

帽子や眼鏡を使用する際にも気になりません。

耳あな型 フルシェル

耳あな型 フルシェル

耳穴型の中では一番大きなサイズです。

耳あな全体を使用します。

耳穴型をご希望で、難聴レベルが高い方や、操作が容易な補聴器をご希望される方におすすめです。

カナル形補聴器でハウリングが多い場合は、耳のくぼみ全体まで覆うこのタイプで軽減することができます。

耳かけ型

耳かけ型

耳の後ろにかけて使うタイプで、軽度から高度・重度難聴まで広範囲の聴力レベルに適応しています。

目立ちにくい小型のものから、扱いやすい大きさのものまで、様々なサイズがあります。

ケースカラーも取り揃えていますので、独自の補聴器にアレンジすることができます。

最近では、RIC(Receiver In Canal)タイプというレシーバー(音の出口)が耳栓のところに位置するものもあります。

ページのトップへ戻る